ママはおひさま

olivemama.exblog.jp
ブログトップ

心をすませて

e0090084_13415117.jpgハワイアンキルトに出会ったのはもう2年ぐらい前のこと。

私は知らず知らずのうちに、ハワイに惹かれるようになった。

ハワイといえば、サーフィンやフラもあるのだけれど、私はなぜだか「ハワイアンキルト」を見るとワクワクする。

高校生ぐらいのとき、ジグソーパズルにハマったことがあった。
たくさんの細かい工程を経て完成するハワイアンキルトは、小さなパーツをつなぎ合わせて完成させるジグソーパズルにも似ているので惹かれるのはそのせいかと思っていた。

でも、ハワイアンキルトにはパズルとは少し違う思いを感じる。

はじめてから、いくつか小さなものは作っているのだが、そろそろ腰をすえて大物を作ってみようかと考えるようになった。

家族みんなが集まるリビングに、1m以上ある大きなタペストリーを飾るのが目標となって、しばらく通っていなかった教室に、また行こうかなと思っている。

本当に不思議なのだが、心が沈んでいたり、悲しんでいたりすると、何度も何度も針から糸がはずれてしまい、思ったように進まず、結局断念することになる。

心をすませて、無心に針を進ませる作業は、まるでこの先にあるものに向かって一針一針、丁寧に進みなさいと言われているようにも感じる。

無事に完成させることができたら、何かが変わるかもしれない。
なぜだか、そんな気がする。

------------------
ブログをはじめてから、一度もハワイアンキルトについて書かずにいました。
何度か書こうとしたことがあったけれど、そんなときに限ってうまくブログをアップできず、全部消えてしまいます。
何かあるのかなぁと思い、今日まで来ました。
ハワイアンキルトに対してきちんとした決断をしていなかったのかもしれないと勝手に解釈していますが、私とハワイとの関わりは、私が思うほどそう甘いものではないのかもしれません。
[PR]
by olivemama38 | 2005-10-20 14:14 | ハワイアンキルト