ママはおひさま

olivemama.exblog.jp
ブログトップ

帽子ぐらい買おうか・・

e0090084_205843.jpg

4月から中2になる息子の野球は、昨年の早期入団から早1年と3ヶ月が経ちました。

小学校2年生からはじめた軟式野球。
いくらがんばって練習してもBチームだった息子は、5年生のときにリトルリーグに入団し、硬式野球をはじめました。

リトルリーグに入っても、あいかわらずのベンチ。たった10数名の小さなチームでも、息子がスタメンになることはありませんでした。

どんな試合でも、とり損ねた球を走って拾い、帽子を取って球審の方へと運びます。

バッティング練習も一番最後。試合での出番は、数試合に1回あるかないかの最終バッターとしての代打。

中学になろうとするときに、リトルリーグの監督から、素質がない、このまま続けるか、軟式に戻るか・・という言葉をいただき、そのまま残りたいという息子の意思を曲げて、野球を一旦リセットさせました。

何日か考え、インターネットや人づてに、せめて息子が息子らしく楽しく野球ができるチームを・・と探しました。

見学も行きました。

そして、結局息子の希望で今のチームに入団しました。

それまでの野球を通した親子のかかわりがあまりにつらくて、今のチームに入ってからはほとんど試合を見に行くことはなくなりました。

「何で打てなかったのか、なぜ取れなかったのか・・」と追い詰めたりしないことを心に誓って、今日、1年ぶりに試合を見に行きました。



あのころの彼とは違い、それはそれはいきいきとした顔でプレーしていました。

センターを越えるヒットを打ち、足が遅かったのか、3塁でアウトになりましたが、試合の合間に振り向いて、私に見せる笑顔は最高の笑顔でした。

そんな彼をみて、私の中では、息子の野球に私が出来ることは終わったなぁ~と感じたのと同時に、結果だけじゃなくて、どれだけ一生懸命に彼なりに楽しんでいるのかということが大切なのではないかと改めて思いました。

悩んだこともそれはそれはたくさんあって、彼をとことん追い詰め、悔し涙を流す彼に追い討ちをかけるようなこともしてしまったのですが、それを息子なりに踏ん張って、乗り越えたんだなぁと思いました。

帰ってきた息子の第一声が、「今日のあのナイスプレー見た?」
だったのですが、アウトになったことばかりが記憶にあって、私はこのナイスプレーをすっかり見逃したようです(-_-;)

留め金が壊れて、テープで留めてる息子の帽子。
「まだ使えるよ・・」と言うのですが、みんな試合用のキレイな帽子を持っているということを今日知りました。

ごめんよ~~~。帽子買っていいよ。

またまた、自分の子供からいろいろと教えられました・・(^^;)
[PR]
by olivemama38 | 2006-04-01 21:04 | 家族